八重山上布

ストーリー

沖縄県八重山地方で織られている上布です   石垣島で盛んに生産される八重山上布は、かつて琉球王府管轄の「貢納布」でした。 白地の上布として多くの人々に親しまれています。

素材・特徴

繊維素材は苧麻、染材は紅露(ソメモノイモ)からとれる赤褐色の染料で 絣模様が施されています。 (上布) 上等の布を意味します 材料に苧麻(ちょま)が使われています。その苧麻の上質糸で織った布を上布といいます *苧麻(ちょま)カラムシの別名  カラムシの茎の繊維で作った麻糸

コーディネート