バディック

ストーリー

(バディック) ジャワ更紗の名で知られる。インドネシアのジャワ島を中心とした蝋防染による紋様染、又はその製品。 バディックは、インドネシア語で、その語根ティックは点の意味です。 初期は、インドで用いる木の型版に蝋をつけ、布に捺して防染したが、のち、銅板制の筒形用具チャンチンを用いるようになり点描を可能にしました。

素材・特徴

(チャンチン染め) 一種のロウケツ染 チャンチンという特殊な工具を使ってロウ置きをします

コーディネート

関連商品

バディッグ